1 目的

介護サービス評価は、事業所が提供するサービスの課題を見つけ、職員の気づきを促し、サービスの改善を継続的に行うこと、評価結果を公表することにより、利用者のサービス選択の支援につなげることを目的としています。

2 事業内容

(1)地域密着型サービス外部評価
認知症対応型共同生活介護及び小規模多機能型居宅介護が提供している サービスの改善に役立てていただくために『地域密着型サービス外部評価』を実施しています。調査員2名が事業所を訪問し、事業所内の観察や職員との対話を行います。事業所が行った自己評価を基にサービスの質を評価し、評価結果等を公開することにより、利用者のサービス選択の有効な情報として活用して頂きます。

(2)特定施設外部評価
神奈川県内で急増している特定施設(介護サービス付有料老人ホーム等)に対して、 上記(1)と同様の枠組みで調査を実施します。この『特定施設外部評価』には受審義務はありませんが、施設のサービスの質や業務内容のチェックができます。また、評価結果を公開することで入居者やその家族へ情報提供できるので、事業所の透明性確保のための貴重な取り組みと言えます。

(3)個別法人研修(外部評価実施後の課題解決の為)
 外部評価は実施するだけでは、あまり意味はありません。自己評価や外部評価を通じて明らかになった課題を改善するための取り組みを実際に行う必要があります。
PDCAにおける「C」が評価で、「A」は研修や改善プロジェクトなどに当たります。実績豊富な講師を施設や法人本部に派遣し、課題解決に向けたお手伝いをいたします。

『外部評価』の詳細は、「かなふく評価ガイド」をご覧ください。

out01

>> 介護サービス評価の体系図

>> 評価について(介護情報サービスかながわ)

3 お問合せ先

評価推進課
TEL:045-227-5692
FAX:045-671-0295
メール:hyouka@kanafuku.jp