● 遺産の寄付(遺贈)

ご自分で築いた財産を社会のために役立てたい、そうした尊いお気持ちを遺言書に残しておくと、法律にもとづく法定相続とは別にご自分の意思を生かすことができます。当振興会では、このよううな尊いご意思に応えるために遺贈による寄付を承っております。

▼遺贈とは
遺言により、ご自分の財産(全部又は一部)を特定の人や団体に寄付(無償で譲渡)することを遺贈といいます。
生前に遺言書を作成して、財産の全部又は一部の受取人として公益社団法人かながわ福祉サービス振興会をご指定いただくことで、当振興会の公益事業を通じて社会貢献にご遺産を役立てることが可能となります。

▼税の優遇措置について
当振興会にご遺贈いただいた財産については、相続税は非課税扱いとなります。
また、相続人が相続税の申告期限内に当振興会へご寄付いただいた財産についても非課税扱いとなります。
※遺言書の作成や保管にあたっては、弁護士や信託銀行などの専門家にご相談されることをお薦めします。
● 相続財産のご寄付

当振興会では、ご遺族様の尊いご遺志に応えるために、故人から引き継がれた相続財産のご寄付を承っております。

▼税の優遇措置について
遺言がない場合でも、相続財産の中から相続税の申告期限内に当振興会にいただいたご寄付には、相続税は課税されません。
※相続税の申告期限は、相続人が逝去された翌日から10ヶ月以内とされています。

相続税の申告をされる場合は、当振興会へその旨ご連絡下さい。当振興会が「寄付金領収書」と「公益法人認定書」を発行させていただきます。相続税申告書類に添付して、最寄りの所轄税務署にご申告下さい。
● 御香典の寄付

ご葬儀に寄せられた御香典に対して「御香典返し」に代えて故人のご遺志及びご遺族の皆様の社会福祉に貢献したいとのご意志を生かすため、当振興会にご寄付していただくものです。
なお、ご希望により当振興会から御香典をいただいた方への御礼状を用意しておりますので、ご利用される場合はお申し付けください。ご遺族から会葬者の皆様に出されるご挨拶状に同封してお使いください。御礼状は必要な枚数を印刷し喪主様にご郵送いたします。

▼税の優遇措置について
御香典からの寄付金は、相続財産ではないため一般の寄附金控除の適用となり、申告によって所得税、住民税について税制上の優遇措置を受けることができます。