(川崎市の地域包括ケア推進ビジョン,NHKTVでも紹介された㈱あおいけあ,URの団地の居室に小規模多機能ホームを開設したぐるんとびー)

  新年明けましておめでとうございます。
一般社団法人かながわ福祉居住推進機構では,今年も福祉や住まいに関連する諸課題に関するセミナーを連続的に開催しています。現在2月上旬までに開催を予定しているセミナーをご案内します。
 ご関心のあるセミナーについては,推進機構のホームページ(http://kanaju.org/)でご確認いただきご参加ください。
今後も、順次お知らせいたします。

1 期 日:平成29年1月17日(火)14:00~ 
  会 場:(公社)かながわ福祉サービス振興会セミナールーム
       (横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階)
  テーマ:みまもる つながる  地域の輪
       ―川崎市の地域包括ケアシステムの取り組み-
  講 師:川崎市役所健康福祉局 地域包括ケア推進室
  参加費:一人3,000円

2 期 日:平成29年1月31日(火)13:30~
  会 場:神奈川県行政書士会 大会議室(産業貿易センター7階)
  テーマ:株式会社あおいけあ加藤忠相代表が語る,求められる介護
      サービスの理念と実践
  講 師:加藤 忠相 氏(株式会社あおいけあ 代表取締役社長)
   同 :瀬戸 恒彦 氏(公益社団法人かながわ福祉サービス振興会 理事長)
  参加費:一人5,000円

3 期 日:平成29年2月9日(木)14:00~ 
  会 場:(公社)かながわ福祉サービス振興会セミナールーム
       (横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階)
  テーマ:団地の居室に小規模多機能ホームを設置 
      -地域に開かれた生活のある「ぐるんとびー駒寄」-
  講 師:菅原 健介 氏(株式会社ぐるんとびー代表取締役)
  参加費:一人3,000円

【参考】上記各セミナーの概要
  1 期 日:平成29年1月17日(火)14:00~  
       於:かながわ福祉サービス振興会セミナールーム 
    テーマ:みまもる つながる  地域の輪
        ―川崎市の地域包括ケアシステムの取り組み-

   川崎市では, 地域包括支ケアシステムの推進の基本的な考え方を示す「地域包括ケアシステム推進ビジョン」を
  平成27年3月に策定しました。この推進ビジョンは,全ての地域住民を対象とし,
  高齢者保健福祉計画,介護保険事業計画をはじめとした福祉関係の計画のほか,住宅基本計画など,
  関連する市の個別計画の「上位概念」に位置づけられています。
   そして, 地域包括ケアシステムを構築するためのツールの1つとして「川崎市地域包括ケアシステムポータルサイト」の構築,
  各区役所の組織内に「 地域みまもり支援センター」を設置するなど,全市的な体制を整えるとともに,
  各地域において,地域包括ケアを意識した町内会・自治会,関係団体等の取り組みも進んでいます。
   今回のセミナーでは、川崎市の地域包括ケア推進の要となって進めている,川崎市健康福祉局地域包括ケア推進室の
  取り組みの状況や課題等について解説していただきます。

 2 期 日:平成29年1月31日(火)14:00~ 
       於:神奈川県行政書士会 大会議室(産業貿易センター7階)
   テーマ:株式会社あおいけあ加藤忠相代表が語る,求められる介護サービスの理念と実践

   藤沢で小規模多機能型居宅介護等の福祉サービスを展開する「株式会社あおいけあ」は,
  東北福祉大学卒業後、福祉施設に勤務していた加藤忠相氏が,施設のサービスの提供のしかたに疑問を感じて,
  自分の育った神奈川県で立ち上げた会社です。
   ご利用者の希望を尊重するとともに,包丁さばき,車の整備,畑仕事など,できることはやっていただきます。
  また,敷地内を小学生が通学時に通るようにするするなど,地域とつながっています。
   スタッフは「社長が許可すると思ったら実行してよい」との方針のもとに,泊りがけの旅行に付き添うなど,
  型にはめられずに仕事ができます。
   このようなご利用者もスタッフも笑顔にあふれる様子は,加藤社長の福祉サービスへの思いとともに,
  10月9日にNHKテレビで放映された「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも紹介されました。
   あおいけあの事業は,公益社団法人かながわ福祉サービス振興会が平成24年度に開催した
  「第1回かながわ福祉サービス大賞 ―先進事例発表会―」において大賞を受賞してから注目され,
  全国から視察者が訪れたり,講演依頼も多数あり,加藤社長は忙しく飛びまわっていらっしゃいます。
   今回のセミナーでは,加藤社長の介護サービスに対する思いと事業運営の状況について語っていただくとともに,
  介護・福祉政策のエキスパートである,かながわ福祉サービス振興会の瀬戸理事長が,
  あおいけあの取り組みから学ぶべき介護の理念,人材育成,地域との関係等について解説します。

3 期 日:平成29年2月9日(木)14:00~ 
      於:(公社)かながわ福祉サービス振興会セミナールーム
       (横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階)
  テーマ:団地の居室に小規模多機能ホームを設置 
      -地域に開かれた生活のある「ぐるんとびー駒寄」-

  ぐるんとびーの代表取締役の菅原健介氏は,広告代理店に就職後理学療法士の資格を取得し,
  小規模多機能居宅介護事業所の責任者を務めました。
  その後,藤沢市内のUR(都市再生機構)の団地に新たに小規模多機能居宅介護事業所(ぐるんとぴー駒寄)を
  開設することになるのですが,URのテナントではなく,居住スペースに事業所を開設するには,
  URのほか地元藤沢市との粘り強い交渉があったとのことです。
  ぐるんとぴー駒寄では,多世代のたまり場,生涯学習教室など,同じ藤沢市内にある㈱あおいけあの「おたがいさん」と同じように,
  週辺の地域の方々とのつながりの中で,ご利用者の希望を尊重した暮らしに心がけています。
  今回のセミナーでは,UR団地を活用するにいたるまでのご苦労と,ご利用者の満足度の高い
  取り組みの状況などをご紹介いただきます。

 上記の各セミナーについては,推進機構のホームページ(http://kanaju.org/)から申し込みができます。