かなふくセミナー
かなふくセミナー
一覧に戻る

~ユニットケアのイロハを知る~ ユニットケアの理解と実践

日程 平成29年1月25日(水) (10:00~15:00)(受付開始 9:30~)
講師 秋葉 都子
日本ユニットケア推進センター センター長
会場 振興会セミナールーム(日土地山下町ビル9階) [地図]
〒231-0023 横浜市中区山下町23番地日土地山下町ビル9階
みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口(情文センター)徒歩5分
対象 福祉・介護、医療関係者及び興味のある方
推奨職員:(中級~上級・一般)
料金 一般:8,000円
法人会員:7,000円
個人会員:7,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書 [ PDFファイル 430.5KB]

受付終了


~ユニットケアの評価は高くなっています~
「ユニットケア」とは、入居者一人ひとりの個性や生活のリズムに合わせたケアの手法で、制度上の条件を満たされた施設をユニット型施設と呼ばれています。最近は、ユニットケアへの評価が高くなり、導入する施設も増えてきています。
ユニットケアの実践のためには、ハード(建物・設備等)だけ整えるだけではなく、職員の方のユニットケアとしてソフト(ケアサービス)の意味を理解し、メリットを活かしていくことが必要です。
本研修は、ユニットケアの基礎的な部分を理解し、職員の役割を明確にし、実践事例を基に具体的に学んでいただきます。

≪カリキュラム≫
☀「ユニットケア」とは

☀ユニット型施設における職員の役割

☀基本的なユニットケアの理念

☀ユニットケア実践方法
・ケアマニュアルのこと
・24時間シートのこと
・ユニットケアの体制づくり
・現場での実践と効果

講師プロフィール 秋葉 都子

日本ユニットケア推進センター センター長


誰でも迎える老齢期。施設に入居しても安心して暮らし続けることのできる「施設」づくりを目指し、センター長としてユニットケア研修で培った基盤を生かし、今後も施設が暮らしの継続の場になるための施設運営フォローアップ事業を展開。
著書に “24H(じかん)シートの作り方・使い方―高齢者ケアを変えるユニットケアのアセスメントツール“ 等。

地図

受付終了

このページの上に戻る

© Copyright 2009-2014 Kanagawa Welfare Service Association
All rights reserved.