かなふくセミナー
かなふくセミナー
一覧に戻る

認知症の理解とケア ~周辺症状(BPSD)の予防と緩和のために~

日程 平成29年6月28日(水)10:00~16:00(受付開始 9:30~)
講師 木本 明恵
会場 振興会セミナールーム [地図]
〒231-0023 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階
みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口(情文センター)徒歩5分
対象 介護福祉関係者 推奨職員:(初級~中級 ・全般)
及び興味のある方
料金 一般:10,000円
法人会員:8,000円
個人会員:8,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書 [ PDFファイル 2388.6KB]

お申し込みはこちら


認知症の方の「徘徊」「暴言・暴力」「帰宅願望」は、言葉にできない不快な感情から始まり、周辺症状(BPSD)として症状が現れます。本研修では、認知症の原因疾患とその周辺症状を理解し、認知症の方を不快にさせない、不安にさせないために必要な知識とケアのポイントを学びます。

≪カリキュラム≫
■ 認知症の理解
・認知症の中核症状と
行動・周辺症状(BPSD)の理解
■ 認知症のBPSDを予防するケア
・BPSDの適切なケア
・BPSDが出る前に気づく
見守りと観察、健康管理ポイント
 
■ 認知症のBPSDを緩和するケア
・認知症の方との関わり方
・興味・関心の探り方
・五感の刺激の仕方

講師プロフィール 木本 明恵

 


看護師、介護支援専門員、認知症ケア上級専門士。桜美林大学大学院
老年学研究科老年学修士修了。
病院勤務後、訪問看護ステーションにて勤務。乳児から高齢者まで幅広い
患者に対する看護を経験し、ケアマネージャーとして在宅での生活を支援。
2006年、㈱日本スウェーデン福祉研究所に入社。同年、スウェーデン財団法人シルヴィアホーム認定インストラクターの資格を取得し、現在は認知症ケアの講師、タクティール®ケアインストラクターとして多方面で活動。三育学院大学看護学部、日本赤十字看護大学認定看護師教育課程認知症看護コースで非常勤講師として従事、現在、長野県看護大学認定看護師教育部門認知症看護分野、上智社会福祉専門学校にて非常勤講師を務めている。日本早期認知学会代議員。

地図

お申し込みはこちら

このページの上に戻る

© Copyright 2009-2014 Kanagawa Welfare Service Association
All rights reserved.