かなふくセミナー
かなふくセミナー
一覧に戻る

高齢者施設におけるターミナルケアの実践

日程 平成29年7月12日(水)10:00-16:00(受付時間 9:30~)
講師 鳥海 房枝
特定非営利活動法人メイアイヘルプユー 保健師
会場 振興会セミナールーム [地図]
〒231-0023 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階
みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口(情文センター)徒歩5分
対象 介護福祉関係者 推奨職員:(初級~中級 ・施設全般)
及び興味のある方
料金 一般:10,000円
法人会員:8,000円
個人会員:8,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書 [ PDFファイル 2798.8KB]

お申し込みはこちら


高齢者の施設でも、施設で最期を迎えられることが求められ、施設としても様々な取り組みが実践されはじめているものの、ターミナルケアを行うこととなった職員の方の気持ちは、いかがでしょうか?
本研修では、ターミナルケアへの理解や心構えや職員としての役割について、たくさんの方を見送っていらした鳥海先生から様々なエピソードとともに「死」について理解し、日々のケアの中でも、自然に「死」と迎い合い、その方らしい最期を迎えるためのターミナルケアを実践方法を学びます

≪カリキュラム≫
・ターミナルケアの現状と課題
・高齢者のターミナルケアの特徴とそのポイント

・ターミナルケアが可能な疾患と症状、
およびその時期の判断
「そろそろ・・」って?

・看護・介護職とその他の関係職種の協働
と医療機関との連携

・家族の心の揺れを支える
もう一つのターミナルケア
「死」の説き方
・ターミナルケアの振り返り、
カンファレンスとそこからの学び
遺体はケアの通信簿

講師プロフィール 鳥海 房枝

特定非営利活動法人メイアイヘルプユー 保健師


豊島区の保健所を皮切りに保健師歴38年。保健所、障害者センター、
お年寄り相談係を経て、1998年10月、新設の北区立特別養護老人ホ
ーム「清水坂あじさい荘」に希望して赴任。保健師としての原点「生活へ
の関わり」を要につくりあげた「あじさい荘のケア」が現場から大きな支
持を受けていた。厚生労働省の身体抑制ゼロ推進会議の委員
(マニュアル部会、ハード部会)、同じく東京都の委員のほか、東京都看護協会の保健師職能委員。

地図

お申し込みはこちら

このページの上に戻る

© Copyright 2009-2014 Kanagawa Welfare Service Association
All rights reserved.