かなふくセミナー
かなふくセミナー
一覧に戻る

日頃の介護を振り返り、新しい技術を学ぶ~利用者本位の介護の実践とは~

日程 平成29年8月23日(水) (10:00~16:00)(受付開始 9:30~)
講師 綿 祐二
日本福祉大学 福祉経営学部医療・福祉マネジメント学科 教授
会場 ウィリング横浜 10F 介護実習室 Ⅱ [地図]
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
京浜急行・横浜市営地下鉄「上大岡駅」徒歩3分
対象 福祉・介護・看護関係者及び興味のある方
推奨職員:(初級~中級・全般)
料金 一般:10,000円
法人会員:8,000円
個人会員:8,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書 [ PDFファイル 3138.3KB]
備考 動きやすい服装でお越し下さい。(演習があります)

受付終了


~尊厳あるケアを目指して~
誰にでも訪れる「老い」「病」そして、『死』。それを支えるのは、医療と介護。特に介護の現場では、利用者・介護者双方に納得頂ける、無理のない技術が求められます。
「尊厳あるケア」「利用者本位」「自己決定」の介護を行うためには何が必要か…当講座で、利用者本位の介護の概要、技術について現場に即した内容で、学べるチャンスです。

≪カリキュラム≫
1.午前の部(講義)
■基本的技術の根拠の解説、実践
⇒障害、状態に応じた部分介助の展開例  
■尊厳あるケアに必要なこととは…
⇒利用者本位の介護技術習得の必要性について

2.午後の部(実技・振り返り)
■衣食住全般の技術
⇒移動技術を含む
■質疑応答

講師プロフィール 綿 祐二

日本福祉大学 福祉経営学部医療・福祉マネジメント学科 教授


1964年愛知県生まれ。東京都立大学(現首都大学東京)、長崎国際大学助教授、文京学院大学・大学院教授を経て、現在、日本福祉大学福祉経営学部医療・福祉マネジメント学科 教授。社会福祉法人睦月会理事長として13事業を展開。(障害者支援施設(入所)「わかばの家」/大田区立大田生活実習所(生活介護)/ケアホーム国立/西東京市障害者総合支援福祉センター/西東京市障害者相談支援センター「えぽっく」、障害児放課後対策事業「さざんかクラブ」)また、NPO法人Cotton Rings 理事長として障害児余暇支援事業(療育活動)、NPO法人 Cotton Dream理事長として障害者就労支援事業を運営。介護福祉士のあり方および養成プロセスの見直し等検討委員会、介護福祉士・社会福祉士国家試験委員(以上 厚生労働省)、ふじみ野市障害者自立支援協議会会長、西東京市障害者自立支援協議会会長、西東京市保健審議会審議委員、大田区障害者サポートセンター検討委員会委員長、三鷹市障害者自立支援協議会会長などを歴任。専門は「ケアマネジメント研究」「重度心身障害児者のQOL指標に関する研究」「ノンバーバルコミュニケーションの開発」「障害児者地域生活支援」。著書は、「高齢者の寄り添い介護」(黎明書房)「介護の基本Ⅰ」「介護の基本Ⅱ」「生活支援技術Ⅰ」(建帛社)「利用者本位の介護技術」(アニカ出版)「障害者におくる僕らのスポーツ、僕らもスポーツ」(ベースボールマガジン社)「アダプティド・スポーツの科学」「介護福祉士養成講座」「福祉レクリエーション総論」(中央法規出版)など多数。

地図

受付終了

このページの上に戻る

© Copyright 2009-2014 Kanagawa Welfare Service Association
All rights reserved.