かなふくセミナー
かなふくセミナー
一覧に戻る

アニマルセラピー活用講座~利用者の方もペットも安心できる~

日程 平成29年9月7日(木) (14:00~17:00)(受付開始 13:30~)
講師 水越美奈
日本獣医生命科学大学 准教授
会場 振興会セミナールーム(日土地山下町ビル9階) [地図]
〒231-0023 横浜市中区山下町23番地日土地山下町ビル9階
みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口(情文センター)徒歩5分
対象 福祉・介護・看護関係者及び興味のある方
推奨職員:(初級~上級・全般)
料金 一般:6,000円
法人会員:5,000円
個人会員:5,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書 [ PDFファイル 3085.9KB]

お申し込みはこちら


利用者の方への認知症の緩和や心身の安定を図ることを目的に、施設や事業所で、ペットを飼っているところも時々見かけるようになりました。
アニマルセラピーは、動物と触れ合うことで認知症の症状を予防・改善を図るリハビリテーションではありますが、人間だけでなく動物も参加するが故に、アニマルセラピーの実施には細心の注意が必要なのも確かです。本研修では、利用者の方が、施設や事業所で買っているペットに安心して触れ合えるように、ペットも安心して過ごせるように、アニマルセラピーの理解と導入の際の留意点を学びます。

≪カリキュラム≫
〇アニマルセラピーとは?
 アニマルセラピーの対象者
 動物介在療法と動物介在活動の違い

〇アニマルセラピーを導入する注意点
 動物の評価
  行動的評価/公衆衛生学的評価/トレーニング
 ハンドラー教育
 施設評価
 対象者の評価
〇セラピーアニマルのストレス管理
 訪問型と滞在型
 滞在型の注意点と問題点

講師プロフィール 水越美奈

日本獣医生命科学大学 准教授


日本獣医生命科学大学(旧:日本獣医畜産大学)大学院獣医学専攻博士課程修了。
動物病院勤務の後、動物行動学を学ぶために渡米。サンフランシスコSPCA(動物虐待防止協会)などで、問題行動の治療や聴導犬の訓練を学ぶ。その後、行動治療の専門病院で研修を受け、1999年に帰国。帰国後、.P.E.T.S行動コンサルテーションを主宰し犬や猫の問題行動カウンセ リング、人とペットの幸せな共生のためのセミナー等を開催 している。
2007年4月より、日本獣医生命科学大学獣医学部獣医保健看護学科   臨床部門助教に着任。同大学の動物医療センターにて、行動治療科を担当。ヒトと動物の関係学会評議員、動物心理学会会員、AVSAB(アメリカ獣医行動学会)会員、日本愛玩動物協会講師、JAHA(日本動物病院福祉協会)認定家庭犬しつけインストラクター、同講座アドバイザー/講師、優良家庭犬普及協会常任理事/

地図

お申し込みはこちら

このページの上に戻る

© Copyright 2009-2014 Kanagawa Welfare Service Association
All rights reserved.