かなふくセミナー
かなふくセミナー
一覧に戻る

グリーフケア ~残された家族を支えるために~

日程 平成29年12月13日(水)14:00-17:00(受付時間 13:30~)
講師 久保田 由佳
一般社団法人 日本グリーフケア協会 社会福祉士、精神保健福祉士、産業シニアカウンセラー、キャリア・コンサルタント技能士
会場 振興会セミナールーム [地図]
〒231-0023 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階
みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口(情文センター)徒歩5分
対象 介護福祉関係者 推奨職員:(中級~上級 ・全般)
及び興味のある方
料金 一般:6,000円
法人会員:5,000円
個人会員:5,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書 [ PDFファイル 2530.8KB]

お申し込みはこちら


グリーフケアとは、グリーフ(悲嘆)を癒し、様々な症状を軽くしたり、抜け出すためには、充分に悲しみ、何らかの方法で悲しみを表出し、受け止める作業、心の整理を行うことによって、悲しみを軽減させることをいいます。介護や医療の現場においてもそのグリーフケアが実際に活かされています。
本研修では、高齢者介護における、切り離せない高齢者様との別れによって、起こる特有な反応についての知識とその対処法を学び、専門職としてのグリーフケアの実践を目指します。

≪カリキュラム≫
❀グリーフケアとは
❀悲嘆のプロセス
❀遺族の心情
❀死別悲嘆の援助

「施設」や「在宅」でのグリーフの相違点や
支えどころの共通点を確認しながら
具体的な事例をもとに、専門職としての
ケアの実践法を学びます

講師プロフィール 久保田 由佳

一般社団法人 日本グリーフケア協会 社会福祉士、精神保健福祉士、産業シニアカウンセラー、キャリア・コンサルタント技能士


グリーフケア・アドバイザー(一般社団法人 日本グリーフケア協会認定)。
母(当時60歳)が、がん宣告(ステージⅣ)を受ける。2年7か月間の闘病、入院、
ターミナル期を在宅で看取った経験をきっかけにグリーフケアを学ぶ。現在は当協会の
ほか、一般社団法人日本産業カウンセラー協会本部認定実技指導者(東関東支部所属)
として産業カウンセラー育成に携わるほか、滋慶学園東京福祉専門学校にて、
介護福祉士をはじめ専門職の育成と心のケア、グリーフケアの普及に関わっている。

地図

お申し込みはこちら

このページの上に戻る

© Copyright 2009-2014 Kanagawa Welfare Service Association
All rights reserved.