かなふくセミナー
かなふくセミナー
一覧に戻る

発生理由から正しく理解する拘縮予防・改善

日程 平成29年12月13日(水)10:00~16:00(受付開始 9:30~)
講師 中村 和人
特別養護老人ホーム おたけの郷  理学療法士
会場 ウィリング横浜 [地図]
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
対象 介護福祉関係者      推奨職員:(中級~上級 ・介護職/リハ職)
及び興味のある方
料金 一般:10,000円
法人会員:8,000円
個人会員:8,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書 [ PDFファイル 575.9KB]
備考 バスタオル(1~2枚)をお持ち下さい。
動きやすい服装でお越し下さい。(演習を予定しております)

お申し込みはこちら


拘縮(こうしゅく)とは・・・
寝たきりや長い間、身体を動かさないでいると身体はどんどん衰え、筋肉や皮膚、
関節周囲が固くなり、関節の動きが悪くなること。
拘縮を起こすと、手足の関節を動かすと痛みがあり辛く、自立度を下げてしまう悪循環が生まれます。
今回の研修会では、高齢者に多くみられる拘縮の発生理由から理解し、その対応方法と簡単なアセスメント方法を実技を含めて学んでいただきたいと思います。

<カリキュラム>

◆拘縮の発生理由を学ぶ。

◆高齢者の拘縮の知識では本当は欠かせない、「抗重力筋」と拘縮の関係を知る。

◆拘縮の評価の仕方を学ぶ。

◆拘縮予防・改善の方法を学ぶ(動かし方・ポジショニング)

講師プロフィール 中村 和人

特別養護老人ホーム おたけの郷  理学療法士


【略歴】平成23年から特別養護老人ホームで機能訓練指導員として勤務。地域に向けた介護教室や外部施設の研修会で、介護技術や拘縮予防を中心に講師として活動中。一般社団法人 日本介護技術協会 認定自律介護技術インストラクター。
【共著】「現場で使える ケアマネのリハビリ知識便利帖」(翔泳社) 「拘縮・褥瘡を予防・改善するポジショニングとリハ・ケア」 (臨床老年看護) ・DVD教材「介護負担軽減 重度化予防の全介護技術」(日総研出版)  【情報誌連載・共著】・知っ得!らくらく!移乗・移動介助のテクニック(通所介護&リハ)・間違いだらけの自立支援(高齢者安心安全ケア)

地図

お申し込みはこちら

このページの上に戻る

© Copyright 2009-2014 Kanagawa Welfare Service Association
All rights reserved.