かなふくセミナー
かなふくセミナー
一覧に戻る

高齢者虐待・不適切ケアを防ぐための権利擁護の実践について

日程 平成29年11月8日(水) (10:00~16:00)(受付開始 9:30~)
講師 田中とも江
社会福祉法人こうほうえん ケアホーム西大井こうほうえん
会場 振興会セミナールーム(日土地山下町ビル9階) [地図]
〒231-0023 横浜市中区山下町23番地日土地山下町ビル9階
みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口(情文センター)徒歩5分
対象 福祉・介護・看護関係者及び興味のある方
推奨職員:(初級~中級・全般)
料金 一般:10,000円
法人会員:8,000円
個人会員:8,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書 [ PDFファイル 2487.6KB]

お申し込みはこちら


権利擁護とは、「市民としての権利」+「虐待されない権利」です。
虐待されない権利を守るために
・早期の気づきと相談できること
・福祉で起こる虐待の背景を知識して学ぶ
・セルフチェックをしてみよう
虐待といっても様々な形態があり、介護職員が虐待をしているつもりでなくてもご利用者にとっては苦しいこともあります。皆さんが意識せずやってしまうかもしれない不適切な支援を具体的な事例を通して学んでみませんか今一度、人としての権利の確認と、虐待のとらえ方と対応方法を学び、「虐待」「不適切なケア」をしない心を作りましょう!

≪カリキュラム≫
身体拘束・抑制とは
・高齢者の尊厳を傷つける行為
・虐待・身体拘束の理由と弊害
・見える拘束・見えない拘束
    言葉の抑制&行動制限
高齢者虐待とは
・全ての虐待に共通する概念
・事例から理解する虐待事象とグレーゾーン

抑制・虐待ゼロに向けて
・施設内虐待の予防
・抑制ゼロの体制作り
・気づかないでしている不適切な支援
のセルフチェック

講師プロフィール 田中とも江

社会福祉法人こうほうえん ケアホーム西大井こうほうえん


1984年より上川病院にて高齢者医療に携わり、86年より高齢者患者の治療に伴う身体拘束の廃止に取り組む。この活動は、身体拘束廃止「福岡宣言」を発端として、全国的な身体拘束ゼロ運動に広がった。2002年4月上川病院を退職後独立。その後排泄ケアに力を入れ、多くの介護施設で指導にあたっている。 モットーは『看護師の前に血の通った人間であれ』。

地図

お申し込みはこちら

このページの上に戻る

© Copyright 2009-2014 Kanagawa Welfare Service Association
All rights reserved.