1 事業目的

福祉サービスに関する事業の先進的な事例を発掘して紹介し、特に優れた事例を表彰することにより福祉の現場に光を当てる ことを目的として、神奈川県が実施している、「かながわ感動大賞」と連動して、福祉的活動の意義や素晴らしさ広く周知し、福祉への関心を高めるとともに、 福祉に関する仕事への就業希望者の拡大を図ります。

2 事業概要

(1)福祉に関する先進的な活動事例の発表と表彰
対象:高齢福祉、障がい福祉の事業所の活動
選考:応募いただいた事例から、優秀事例を6事例選定します。
優秀事例について、公開プレゼンテーションを開催し、観客の投票及び審査委員の評価を基にかながわ福祉サービス大賞を決定します。

(2)基調講演等の開催
発表会には、福祉関係の製品展示・販売、アトラクション等を実施します。

(3)優秀事例のホームページ掲載
応募の優秀事例については、抄録への掲載と当振興会ホームページで紹介し周知する。



 第5回 かながわ福祉サービス大賞
~「福祉の未来を拓く先進事例」募集~

福祉事業(高齢・障害)の経営者、事業所の職員の皆様へ

 一人ひとりの人権が尊重される福祉社会を築く、そんな思いを「福祉の未来を拓く」という言葉に託しました。そのために、福祉事業に携わる皆様が現場で取り組まれている優れた事例を募集し、「かながわ福祉サービス大賞」として表彰し、多くの方々と共有できる未来を創る事例を、社会に広く発表したいと考えました。
 今年度も、皆様のとっておきの事例を募集しますので、ぜひご応募くださいますようお願い申し上げます。
 これまで大賞を受賞された事業所に、取材や講演依頼が殺到し、映画の素材となった事例も出ています。「かながわ福祉サービス大賞」を目指し、福祉事業の素晴らしさを神奈川から全国へ発信しましょう!


1 応募要件
・募集事例:福祉の未来を拓く先進事例
※「福祉の未来を拓く先進事例」とは※
国では、住み慣れた地域で自分らしい生活を送れるよう、包括的な地域の支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)づくりを進めています。
当振興会も、その趣旨に添い『地域での福祉の推進にとって先駆的な取り組み事例』を募集します。

募集する先進事例とは、
・斬新 ・挑戦 ・協働 ・地域づくり ・自立支援 ・課題解決型 ・質の向上 ・生産性向上
等のキーワードを参考に、事業所等で取り組まれている事例をお寄せください。

・応募資格:神奈川県内の高齢福祉・障害福祉・児童福祉の事業所や法人 ※個人応募は不可。
・応募期限:平成29年9月20日(水)
・応募方法:「申込書」及び「応募事例」を事務局までFAXで応募してください。
      あるいは、応募フォームに入力後、「応募事例」をメールで送信してください。

(公社)かながわ福祉サービス振興会内「かながわ福祉サービス大賞実行委員会事務局」
 TEL 045-671-0294  FAX 045-671-0295

「申込書」及び「応募事例」のダウンロード

応募フォーム:https://goo.gl/forms/BADm6nXO54Z3LB1A3
(外部のウェブサイトにリンクしています。ご確認のうえ、ご利用ください。)

【記載上の留意事項】
ア 「第5回かながわ福祉サービス大賞申込書」
○「概要等」には、事例の概要と先駆的取組と考える点を記載してください。200字以内
○「応募事例」のメール送信先は、「申込書」を参照してください。

イ 応募事例
○「応募原稿仕様」(別紙)に従い、ワードで作成。A4判縦・横書3ページ以内(図表含む)。
○1ページ目の冒頭に、次の事項を必ず記載してください。
・発表タイトル ・事業所所在地(市町村名) ・事業所名称
・発表者職名・氏名:連名の場合には、主たる発表者を先頭に記載してください。
※ 提出されたデータ等は原則として返却いたしません。


2 審査等について
応募事例を審査し、10月上旬頃に「口頭発表・書面発表・選外」の結果を通知します。
 1,口頭発表
 「事例発表会」での発表用資料として、応募事例のパワーポイント資料〈動画も含む〉を
 10月25日(水)までに、提出いただきます。また、事例集に掲載します。
 2.書面発表
 応募事例を「事例発表会」で配布する事例集に掲載いたしますので、ご承知ください。


3 事例発表・表彰について
・日 時:平成29年11月1日(水) 13:30~16:30
・場 所:横浜市開港記念会館・講堂(横浜市中区本町1-6)
・発 表:「口頭発表事例」を10~15分(質疑応答含む)で発表していただきます。
・表 彰:「サービス大賞」と「優秀賞」を決定し、表彰いたします。副賞も用意しております。