メニュー

かなふくセミナー詳細

~短時間で適切な内容を表現する~ 相談援助職の記録の書き方

概 要

複数の専門職が一人の利用者の方に関わりながら、ケアをしていく中で、記録はとても大きな役割を果たしています。利用者の方の気持を相談者としての客観的に捉えながら、より良い支援につなげるために、相談援助職として、どのように記録に書き、どこまで書けばよいかわからない、と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?本研修では、援助職としての記録のあり方や書き方について、対人援助支援の際、活用できる記録方法等を紹介しながら実践的に学びます。

内 容

≪カリキュラム≫
◆援助職に求められる記録とは・倫理的責任と法的義務・記録の果たす役割
◆記録必要とされる要素とは
・面談中の記録・情報から問題を把握
・支援計画を作成・計画の実施
・フォローアップとモニタリング
◆実践で活用できる記録のフォーマット(SOAPノート)
・専門家として適切な表現集
◆記録の実際・高齢者施設の記録
・ケアマネジャーの記録

受付中
日程 平成30年 3月16日(金)
10:00~16:00 ( 受付 09:30~ )
講師 八木 亜紀子
会場
  • 振興会セミナールーム
  • 〒231-0023
    神奈川県横浜市中区山下町23番地
    日土地山下町ビル 9F
対象 介護福祉関係者及び興味のある方                              推奨職員:(中級~上級・対人援助職)
タグ
相談支援 中級~上級
料金
  • 一般 : 10,000円
  • 法人会員 : 8,000円
  • 個人会員 : 8,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書[PDFファイル]

講師プロフィール

プロフィール画像
八木 亜紀子
福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター

精神保健福祉士/米国カリフォルニア州臨床ソーシャルワーカー/国際EAP協会認定EA プロフェッショナルアメリカと日本でソーシャルワーカーとして活躍し、帰国後(株)イープでEAP スーパーバイザーとして従業員支援と、臨床心理士・産業カウンセラー・保健師・PSWに スーパービジョンを実施、EAP専門家養成講座を企画運営した。また筑波大学、東京学芸大学で教職員のワーク・ ライフ・バランスに関する支援、女性研究者支援に従事した。また社会福祉法人JHC板橋会ワーキング・トライで障害者の就労支援に携わった。現職では東日本大震災による被災者支援に携わっている。

アクセス

  • 振興会セミナールーム
  • 〒231-0023 神奈川県 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル 9F
  • みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口(情文センター)徒歩5分
  • 電話番号 : 045-210-0788
  • FAX番号 : 045-671-0295
セミナー一覧へ戻る
トップへ