メニュー

かなふくセミナー詳細

介護事業におけるイノベーション ~介護報酬改定から学ぶ~

概 要

我が国では、介護人材不足の解決策の一つとして、ICTの活用や、ロボットの導入が叫ばれており開発も急ピッチで進んでいます。今回の介護報酬の改定でも、先端技術を使った機器を活用することで人材不足が続く介護現場の負担を軽減するための加算が導入されました。
本セミナーでは、先端テクノロジーの開発・普及によって描かれる介護業界の将来予想図とともに、業務効率化がもたらすメリット・デメリット等も併せて検証し、その対応を提示します。

内 容

≪カリキュラム≫
■介護事業における
ロボット普及とIT技術の今後
■ロボットと共生する社会とは
介護ロボットにできること
■30年度
介護保険制度改正ポイント
介護ロボットを導入する施設への
「報酬加算」「施設基準の緩和」
■介護ロボット導入ポイント

受付終了
日程 平成30年 6月25日(月)
14:00~17:00 ( 受付 13:30~ )
講師 瀬戸 恒彦
会場
  • 振興会セミナールーム
  • 〒231-0023
    神奈川県横浜市中区山下町23番地
    日土地山下町ビル 9F
対象 介護福祉関係者及び興味のある方                           推奨職員:(上級 ・管理者・経営者)
タグ
マネジメント 上級~管理職
料金
  • 一般 : 6,000円
  • 法人会員 : 5,000円
  • 個人会員 : 5,000円
PDF ご案内チラシ・FAX申込書[PDFファイル]
お申し込みの受付を終了しました。
沢山のお申込みありがとうございます。

講師プロフィール

プロフィール画像
瀬戸 恒彦
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会 理事長

1979年神奈川県庁入庁。1993年から福祉部福祉政策課で高齢社会対策に
関する各種調査、介護保険制度の立ち上げに従事。
2001年(社)かながわ福祉サービス振興会事務局長に就任。
2014年から理事長。現在、シルバーサービス振興連絡協議会会長、一般社団法人日本ユニットケア推進センター理事も務める。共著として、『評価が変える介護サービス』法研2003、『介護経営白書』日本医療企画2006、『居宅介護支援・介護予防支援給付管理業務マニュアル』中央法規2007『新・社会福祉士養成講座第11巻7章』中央法規2010、『介護保険事業所 業務改善ハンドブック』中央法規2012、『介護事業の基礎力を鍛えるコンプライアンス経営』日本医療企画2014、などがある。

アクセス

  • 振興会セミナールーム
  • 〒231-0023 神奈川県 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル 9F
  • みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口(情文センター)徒歩5分
  • 電話番号 : 045-210-0788
  • FAX番号 : 045-671-0295
お申し込みの受付を終了しました。
沢山のお申込みありがとうございます。
セミナー一覧へ戻る
トップへ